チョウの最近のブログ記事


タテハモドキ夏型

| | トラックバック(0)
タテハモドキの夏型は、
わが家の近辺に限ったことだが、例年、秋型に比べてたいへん少ない。
しかし2008年の夏は、夏型の発生数が異様に多かった。
谷津田を歩くとそこにもあそこにもと、狭い範囲に集中して見られた。

今夏は久しぶりに、夏型が多いようだ。

タテハモドキ夏型IMG_9475.JPG谷津田に降りる細い農道の草地に、数頭のタテハモドキがたむろしている。
どれもスズメノヒエの花穂に口吻を突き立てていることが多い。
タテハモドキ夏型IMG_9517.JPG花穂をよく見ると、崩れた場所から滲出があって、その水滴を吸っているようだ。
花穂から滲出が生じる原因とはなんだろう?
他の虫の加害が関係しているのだろうか。例えばカメムシ類の。

タテハモドキたちは、すぐ傍にあるヒメジョオンやアザミなどには目もくれない。

吸汁するメス(右)に、盛んに求愛しているオス(左)もいた。
タテハモドキ夏型IMG_9556.JPG
タテハモドキ夏型IMG_9580.JPG
今日も午前中、2時間かけて草刈り作業をした。

主に狭い場所や木
の根際などを重点的に刈るので、こういう場合はワイアーカッターを使う。
背丈の高い草や蔓草は絡んでしまうのが欠点だが、丸刃のように刃の向きに神経を使わなくてもいいところが、楽チン。刈りたい場所にラフに当てるだけでいい。
ワイアカッターは丸刃より細かい切りくずや小石を跳ね飛ばすので、フェイスガードは必須。

明日も草刈り作業を予定している。
ナナホシIMG_9473.JPG

飼育室のコンクリート床に落ちていた、クロヒカゲ。
どこにも外傷は見当たらず、死因はなんだろうか?

クロヒカゲ701A1048.JPG
前翅の裏、後縁には黒い毛束が目立つ。
クロヒカゲ♂性毛701A1051.JPG
この毛束はオスにしかない性毛なので、雌雄の判別ができる。

ところで、ずっと以前に紹介したクロヒカゲの蛹殻。
クロヒカゲ蛹殻IMG_5508.JPG翅の部分に黒い毛束が残っている。この毛束はオスの性毛と関係があるのだろうか?
蛹のこの部分に接していたのは、前翅の表のはずだ。

※当ブログ「ひむか昆虫記」「新・ひむか昆虫記」は開設して9年目となりました。
「昆虫ある記」のオープンが2003年11月。それも加えると、15年間、ブログ更新を続けてきたことになります。

振り返ってみると、そそっかしい思い違いや認識不足、明らかな間違いの内容も散見されます。
そのことも気に掛かっているのですが、そろそろブログ更新を終わりにしようと思い始めています。けれども、いきなり終わるのもよろしくないように感じます。

私の誕生日がグランドオープンだったので、
最終回は2017年、11月1日にする予定でいます。


キンカンの花盛り

| | トラックバック(0)
毎朝、午前5時少し前からニイニイゼミの鳴き声が始まる。
日暮れ直後、午後7時過ぎにはうちの林で、ニイニイゼミと一緒にヒメハルゼミの合唱も賑やかだった。

昨年、かなり剪定しておいたキンカンだが、今夏も花をたくさん咲かせている。

アオスジアゲハ_Z5A4206.JPG
午前中、アオスジアゲハをはじめ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ、クマバチ、ホシヒメホウジャク、トラマルハナバチ、などが吸蜜に訪れていた。

訪花昆虫を狙って、オオカマキリ幼虫、サツマヒメカマキリ、も陣取っていた。

カラスアゲハは新鮮なメスが何度もやって来た。

カラスアゲハ♀IMG_8323.JPG
小刻みにはばたき、飛ぶ速度が遅い。吸蜜しては梢に止まって休むこともしばしば。

カラスアゲハ♀IMG_8467.JPGこちらは、オス。光の当たり具合で、翅表の金緑青色の輝き方は様々。
カラスアゲハ♂IMG_8408.JPG
午前中、撮影はそこそこにしておき、室内作業も少し片付け、午後から山仕事をした。
部屋にいるより、外で体を動かしているほうが気分もいい。

ここの刈草を集めてしまえば今日の作業は完了にしよう、というところで、右手に焼け火鉢を押し当てられたような、強烈な傷みがして、手を止めた。

草むらを低く舞うホソアシナガバチの姿がチラッと見えた直後、数頭のワーカーがこちらに向かってくるのがわかった。すぐに後ずさりしたが、ハチの動きは素早く、今度は左手を刺された。
どちらも手袋の上からだったが、毒針は深く入り、激痛に思わず唸ってしまった。

蜂の巣があった場所は、5日前に草刈りをしたすぐ傍だったので油断していた。

※ホソアシナガバチは誤認で、キボシアシナバチと後日、判明。ケヤキにあった巣が何かのはずみで落下したようだ。

刺された場所を強く圧迫して蜂毒を出すことに努めたが、こういう場合、ポイズンリムーバーがあったらと思い、すぐ東京、水道橋の「さかいや」に発注しておいた。
冷水で患部を丁寧に洗い、ステロイド軟膏の「アンテベート0.05%」を塗ってからさらに冷やした。

ハチに刺された経験は多くはないが、オオスズメバチに2回、セイヨウミツバチに1回、ルリモンハナバチに1回、ニホンミツバチに3回、アシナガバチ類には今回を含めて3回、とわずか。

一番ショックだったのは、ニホンミツバチの樹洞巣の傍に立って、観察会の参加者の方々に
「ニホンミツバチは性格も穏やかで、滅多に人を刺す事はありません」
と得意気に解説していた最中に刺されたときだ。セイヨウミツバチについてはかなり用心しているせいか、ニホンミツバチよりか却って刺された回数が少ない。
キイロスズメバチを熱殺していたニホンミツバチの蜂球団子を興味津々、手のひらに乗せてみたときも、すぐに刺されてしまったが、これは自業自得。やばいかな?とは思ったが、好奇心には逆らえなかった。

ともあれ、野外活動ではこうした事故はつきもの。
すぐ現場で対処できる準備はしっかりしておきたい。ステロイド軟膏はタッパー容器の薬箱に常備しているが、ちょうど切らしていた。しかし、先月、嫁さんがムカデに噛まれた際、病院で処方してもらった「アンテベート軟膏」がたくさんあったのですぐに対処できた。ポイズンリムーバーもあったほうがいい。





何を吸う!?

| | トラックバック(0)
宮崎県南部の今日は、ときおり雷雨があるも総じて曇り。湿度は高いが気温は上がらず蒸し暑さはほとんどない。

さて、クロヒカゲが窓のガラス表面にしきりと口吻を伸ばしていた。

クロヒカゲIMG_5362.JPG何かを吸っているように見える。たぶんそうだろう。

以前から気になっているが、まだきちんと調べていない。
クロヒカゲだけでなく、サトキマダラヒカゲ、アカタテハ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモンにおいても、同様な行動が見られる。
窓のアルミサッシやガラス表面には、彼らを虜にする、何かが付着しているように思われる。

クロヒカゲIMG_7574.JPG
口吻でまさぐっているその表面を、ルーペで覗いてみても、埃が付着している以外何も見当たらない。

先に挙げたチョウ達が夢中になって口吻を立てる場所とは、アルミ金属、網戸の網、ガラス、など無機質で水分が浸透しない。材質はそれぞれ違うが、共通していることは、屋外から屋内へと空気の流れが生じ易い場所、ということ。


何かを吸っているとしたら、それは一体なんだろう

台風一過

| | トラックバック(0)
すぐ近所の道路沿いのササでは、クロヒカゲ幼虫が次々と見つかる。今年の第二化かと思うが、成虫もそこそこ出ている。前から気になっていたが、クロヒカゲ終齢幼虫の頭部のツノには個体差があって、例えば長さや開き具合などに違いがある。
クロヒカゲIMG_7730.JPG
ツノがほとんど痕跡程度しかないものもいて、思わずヒメジャノメかと勘違いしたこともあった。

さて、幼虫、とくに終齢が多く見つかることから、蛹もそのうち、と思っていたら案の定。葉裏で夕日を浴びていた。
蛹IMG_7868.JPG主脈に姿勢正しくぶら下がってます。ここだと安定しているわけだ。
IMG_7866.JPG
花盛りとなったボタンクサギには、黒いアゲハが待ってました!とばかり次々と飛来していた。クロアゲハ、カラスアゲハ、モンキアゲハ、そして、ナガサキアゲハ。

ナガサキアゲハIMG_7767.JPG    使用機材:EOS-70D   EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM    ストロボEX270EXⅡ




クヌギの小枝にコウモリガ幼虫が穿入していて、そこから樹液が滲み出ている。
庭の真ん中にあって、まだ私の胸の高さ程度の小木。
小木だが、コウモリガ幼虫が3頭、潜入している。

樹液には無数のアミメアリがたかり、そしてクロコノマチョウも来ていた。

IMG_4294.JPGすぐに逃げられるか、と覚悟していたが食事に夢中なのか、かなり近づいても平気だった。

よく見ると、甲虫の幼虫も来ていた。ホタル類だろうか?
しばらくしてからもう一度覗いてみたが、すでに幼虫の姿は無かった。

午前10:50、ニイニイゼミの鳴き声がすぐ近所から聞こえてきた。しばらくして、うちの林に鳴き声が移動。


使用機材:EOS-80D    タムロンSP90ミリマクロ VC USD
               


玄関前のノアザミにカラスアゲハのメスが来ていた。
カラスアゲハ♀IMG_1209.JPG白い花粉を体にたくさん付けていた。
カラスアゲハ♀IMG_1264.JPGカラスアゲハを見送ってから、クロガネモチにシンジュサンが産卵していないか、覗いてみた。
残念ながらシンジュサンの卵は無かったが、隣のツツジの葉裏に、キマダラカメムシの卵があった。

キマダラカメムシ卵IMG_1226.JPG写真の卵数は12個だが、通常は14個産む。
※キマダラカメムシは12個が正常のようだ。訂正します(6月28日)。

キマダラカメムシは街中の公園などに多く、私の敷地内では越冬成虫を稀に見かける程度だった。
しかし、ここ2、3年、敷地内でも繁殖するようになってきた。


キタテハの交尾

| | トラックバック(0)
カナムグラの群落。そこに混じるカラムシの葉っぱに何やら?、

と気付いた。

キタテハ交尾IMG_0852.JPGあ、!?  

キタテハのカップルだ。

キタテハ交尾IMG_0857.JPG普通種とはいえ、キタテハの交尾はこれまで見た事がなかった。



昨日、見つけたヒメジャノメ幼虫の様子を見に行ってみると、

同じ場所のチガヤでお休み中だった。

ヒメジャノメ終齢IMG_0494.JPG
でっぷり肥えていたので、もしや前蛹になっているかな、と期待して覗き込んだのだが、まだ早かった。

で、その戻り道、 思わず「あ!」 と声が出た。

ヒメジャノメ前蛹IMG_0513.JPG
セイタカアワダチソウの葉裏に、緑色型のヒメジャノメ前蛹がぶら下がっていた。

「そこで、待っててくれたの!?」そうつぶやきたくなった。

写真は背景がちとうるさい。

レンズは60ミリマクロで絞りはF5だが、これを例えば200ミリマクロにしても、背景のボケはスッキリするものの、見映えはそう良くはならない。

ところが、被写体の裏側に回って反対方向から撮影すると、なんともファンタスティックな写真に仕上がった。

シイタケのホダ木で見つけた、ヒラタクワガタ。
ヒラタクワガタIMG_0547.JPGなかなか風格のあるオスだが、体色の黒がうまく表現できていない。
黒色は以外と難しい。

午後5時半頃の霧島山。    今日は晴れて、陽射しもときおりあった。

霧島山シルエットIMG_0529.JPG




ねこ顔イモムシ

| | トラックバック(0)
ずっと曇りの一日だった。

午後から我が家で、MRT宮崎放送の番組収録があった。
気温も低めで虫の姿は少なかったが、雑木林や仕事部屋を案内した。

番組は毎週水曜日、7時56分からの「わけもん」で、
藤岡弘の「宮崎ぶらり旅」というコーナーだ。
今日、収録した内容がいつ放映されるかは、まだわからない。

夕方、犬の散歩コースの畦道で、ヨモギ群落にフチグロトゲエダシャク終齢幼虫が多数いた。ほとんどの幼虫は頭を下にしてぶら下がっており、下痢便をしている。いづれも草の頂点を目指して登り詰めている。※おそらく、寄生蜂(アメバチ類)にやられたのだろうと思う。

※ その後、幼虫の死因は何らかの病菌によるものと判明。集団感染したようだ。訂正します。

少し離れた場所には、ヒメジャノメの終齢幼虫がいた。

ヒメジャノメIMG_0309.jpg朝から一度も陽射しはなかったが、日没直前になってはじめてお陽様が拝めた。
夕焼け0516IMG_0347.JPG