の最近のブログ記事


渋谷の青山通りに「志賀昆虫普及社」があったのはもうだいぶ昔のことだが、
東京に住んでいた頃には、何度か行ったことがある。

自分にとっては高価でなかなか手が出なかったのが、「携帯展翅板」。それでも仕事上、展翅標本を作ることもあって、ある日、思い切って購入した。私の場合、これを出先に持ち歩くのではなく、自宅で使うためだった。乾燥中のゴキブリ対策だから、適当な段ボール箱でも良かったとは思うが、スマートにきっちり展翅板が納まるのが欲しかった。
展翅板を大中小と選ぶのに、店の奥さんに相談して手伝ってもらった。いろいろ組み合わせを試行錯誤してみて、ピッタリと納まったときには、二人で歓声を上げた。

携帯展翅板_Z5A9303.JPG全部で6本の展翅板がきっちりと納まっている。いづれも傾斜式でちょっと値が張る。お値段は2万円程度したと思うが、細かい金額は忘れた。

買ったはいいものの、標本を作ることは滅多になく、この携帯展翅板の中が乾燥標本で全て埋まったことは一度も無い。
今、写真の一頭だけ展翅中の標本は、宮崎県美郷町産のオカモトトゲエダシャク♀。先月、ある方から生きたまま譲り受けたのだが、容器のなかで産卵していた。
オカモト_Z5A8587.JPG最初、成虫の写真画像を拝見し、「もしやクワトゲエダシャクでは!!」と期待したのだが、いざ展翅してみれば、オカモトトゲエダシャクと判明した。それでも♀はなかなかお目にかかれないし、私も初めて見た。

卵が有精卵であることを願っている。




鱗粉

| | トラックバック(0)
先日、庭に飛来したトビモンオオエダシャク。
ウンと近寄って拡大撮影をしてみた。

トビモンオオエダシャク翅IMG_3458.JPG昨日は、宮崎市の「大淀川学習館」で講演をしたのだが、講演を終えてから、トビモンオオエダシャクの写真プリントを披露した。上の写真を見たある小学生の子が、「あ、鱗粉ですか」。これには驚いた。その子はまだ低学年だと思う。
会場には昆虫好きの子供たちが前に陣取っていた。

この子達が将来、大人になってもずっと虫や自然に興味を抱いてくれることを願いたい。


ウメにチャミノガ

| | トラックバック(0)
三股町 田上

チャミノガIMG_7267.JPGちゃんと生きているのか確認してみたいが、ミノムシのついている枝はうんと見上げた位置にある。レンズは望遠ズームの300ミリで撮影している。
チャミノガはこうして、目にする機会が多いが、オオミノガの蓑は滅多にお目にかかれなくなった。

田んぼの畦道にある土管には、スズバチの「しわざ」泥巣がついていた。

泥巣IMG_7263.JPG少しでも雨避けになる場所を選んでいるところに、スズバチへの共感を勝手に抱きたくなる。
自然界ではなかなか得難い場所なんだよね。こんないい場所、見逃すはずもないか。





ミノムシ

| | トラックバック(0)
今朝も外気温は、零下6℃以下。

昆虫の冬越しスタイルのなかでも、目につくのがミノムシだろう。
ミノムシも国内には50種以上記録されており、識別は難しい。
それでも、チャミノガの蓑は特徴があるので、すぐに憶えられる。
枝に水平に、そしてちょいとお尻を持ち上げているのが、チャミノガ。

チャミノガIMG_2280.JPG蓑の材は、細枝を使うことが多い。

一方、地衣類やコケを食べる、ヒモミノガもよく目にする。東京の清瀬では一度も見た事が無かったが、九州に来てみれば、どこに行ってもいる。

ヒモミノガIMG_2282.JPG公園の植木の支柱にこびりついた藻類?を同心円状に食べていた、2頭のヒモミノガ。白っぽい筒状。
ヒモミノガ、といっても正確には数種いるようだ。

ヤツデの葉裏では、アオモンツノカメムシの卵塊が5つに増えていた。
1卵塊あたりの卵数は、25、17、23、13、8、とバラバラ。

アオモンツノカメムシIMG_2263.JPG8個というのは少なく、産卵途中でアクシデントに見舞われて中断したか、最後の力を振り絞っての結果かは、判然としない。


生きていたよ!蛹

| | トラックバック(0)
昨日、採集したウスタビガの繭。

一個だけ、揺するとコトコトと音がして重みもあった。
気になるので、繭に窓を開けて、中の蛹の様子を見てみた。

ウスタビガ701A7929.JPG蛹は体をくねらせ、動く。 生きていたのである。

触角の形状から、メスの蛹だとわかる。 腹節間膜が伸びて、うっすら成虫の体色も透けて見える。
もうじき、羽化するようだ。

2007年、12月12日に羽化したメスを見ている(都城市 関尾ノ滝)し、12月に入ってからの羽化の記録は散見される※。しかし、12月後半になってからの羽化は、かなり遅いほうだとは思う。
※例えば2003年12月4日、長野県木曽福島で羽化直後のメスを撮影している。

羽化済みの空き繭の上部、羽化口をよく見ると、羽化したときに擦れて残った成虫の体毛が見つかる。

ウスタビガIMG_0981.JPG
「機材のお話」

本日、OLYMPUSのマクロフラッシュ、STF-8が届いたので、さっそく使ってみた。
カメラはEOS-M5にレンズはMP-E65mm という組み合わせ。

発光モードは当然、マニュアルしか使えないが、問題なく発光して使える。
STF-8の操作は、電源ボタンと回転ダイヤル2個があるだけで、とてもシンプルに行える。
左ダイヤルが、光量調節で、右ダイヤルが左右発光部の光量比の調節。

とにかく、ストロボ本体が小さいので助かる。これまで使ってきたCanonのツインマクロストロボMT-24EXがデカ過ぎたのだ。しかも、細かな操作はボタン押しが煩雑で、迅速性に欠けていた。

STF-8の付属発光部リングをMP-E65mmのレンズ先端に取り付けるには、58mm→62mmのステップアップリングが別途必要。

STF-8の取扱説明書には「オリンパス製以外のカメラで撮影する」という項目もあるので、
本機は別メーカーのカメラでの使用も視野に入れて?開発されたのかと思いたくなる。

もっとも、STF-8のフルスペックを活用するにはOLYMPUSのカメラで使うしかなく、細かい操作はカメラボディ側から行う設計になっている。

ヤマカマス

| | トラックバック(0)
三股町  長田

クヌギカメムシの産卵が例年見られる、別のポイントに行ってみた。
ポイントの少し手前で、フロントガラス越しに、ヤマカマス(ウスタビガの繭)がチラリと見えた。
車を降りて見上げてみれば、結構な数の繭がぶら下がっていた。卵も付いている。

クヌギカメムシのポイントを見てから、一旦家に引き上げ、高枝鋏を積んで出直した。


トリガー701A7901.JPG繭が付いているサクラとカエデの木は、住宅の庭木で梢が路上に伸びている。
家の方がちょうど庭にいらしたので、繭のことを説明して採集する許可を得た。

カエデには10個、サクラには4個の繭があり、高枝鋏の届く範囲の繭だけいただいた。それでも卵が付着した繭が3個、卵の数は計21個。

58歳のおっさんが興奮して繭を採集する姿を、一歩隔てた位置から眺める、もう一人の私がいた。

一本の木に10個ものヤマカマスが付いているのは、たしかに初めての経験ではあるが、そこまで無邪気に喜ぶものか?そこまで嬉しいことなのか?


写真画面の中の繭一個は未羽化で、重量感のある蛹が入っていた。これから羽化するのか、それとも死蛹だろうか。



「機材のお話」

室内撮影で使う赤外線フラッシュトリガー、TR-3(プロ機材ドットコムで購入)が、カメラごと床に落下して、ホットシューが破損したのは、もう半月以上も前のこと。これではカメラのアクセサリーシューに取り付けることができない。しばらくは、シンクロコードを使っていたが、長いケーブルは邪魔になり煩わしい。

そこで、壊れた箇所(左画面)を修理した。まずは壊れたシューを外す(右画面)。
トリガーPC210087のコピー.jpg使わなくなったストロボのパーツを外して、壊れたシューに移植した。とはいえ、
形状が異なるので、ホットシューの台座に径2センチほどの穴あけ作業を行った。あとはシンクロ接点へのハンダ付けとネジ止めで終了。見かけ上は何ら変わりない。
トリガー701A7915.JPG使わなくなった古いストロボも、こうしてパーツの再利用ができるのでジャンク箱の中に保管してある。

ちなみに、この赤外線フラッシュトリガーTR-3は、単三電池2本で稼動し、室内では物陰にあるストロボまでもちゃんと同期発光可能(スレーブ機能付きのストロボ)。ただし、電池がヘタってくるとチャージ時間が長くなり、連写に追いついていけなくなる。電池が2本のせいだろうが、使用頻度によってはヘタリが早いので、電池の交換時期にはいつも気を配っている必要があるのが欠点ではある。

三股町 田上

4メートルの舗装道路を横断していた大きなイモムシ。
背景に見えるのは、霧島山。

エビガラスズメ幼虫IMG_5199.JPGイモムシの正体は、エビガラスズメの幼虫。画面左にはサツマイモ畑があって、そこで育ったのだろう。
幼虫の目指すは、蛹になる場所。

久しぶりに蛹を見たくなって、このイモムシを拾い上げた。
うちに持ち帰り、土を盛った容器に移しておいたら、いつのまにか潜り込んで姿を消していた。


午後6時過ぎ。シチューを仕込んでいたら、うちの林でアブラゼミが鳴き始め、しばらく鳴き続けた。


(写真:EOS-M3  EF-M28ミリマクロレンズ )




フクラスズメ

| | トラックバック(0)
三股町 田上

フクラスズメは、ねぐらや冬越しの場所として、家屋や建築物の隙間に潜り込むことが多い。
そういった昆虫は他にも多くいて、だからこそか、ジョロウグモたちが競うかのように家壁に網巣を張っている。
複数の網巣が複雑に絡み合い、もはや境界線がどこなのかも判然としない。元々、ジョロウグモの網巣は多層構造なのだから、ますますこんがらがってしまう。

今夜はそこに、フクラスズメが掛かっていた。かなり新鮮な個体だ。

フクラスズメIMG_0377.JPGフクラスズメを素手で捕まえたなら、けっこうな翅の力に加えて鱗粉が剥げ落ちるために滑り易く、取り押さえるのは苦労するはずだ。

しかし、こうしてジョロウグモがフクラスズメを取り押さえているのは、網糸の粘着力もさりながら、毒牙で獲物を弱らせているおかげであろう。いや、フクラスズメはすでに微動だにしない。

雨のなか、出掛けようとして玄関から車まで走り出たら、植木からタテハモドキ秋型がフワリと飛び出した。驚いたのはお互い様。タテハモドキはイロハカエデの梢にかろうじて潜り込んだ。


庭の虫

| | トラックバック(0)
三股町 田上

庭の畑でハラビロカマキリが産卵中だった。もう終了間近。午前7時半。

ハラビロカマキリ産卵IMG_4870.JPG午後6時50分、仕事部屋の窓にカツン、カツンと体当たりする音がして、磨りガラス越しに見えたシルエットは、コウモリガだった。外に出て捕虫網で捕らえようとしたら、網に止まっておとなしくなった。

そのまま部屋の中にぶら下げておいた。

コウモリガP9290003.jpgコウモリガの♀だが、灯りに飛来して結局、こうしてじっとしているだけ。部屋が明るかろうが暗かろうが、まったく動じない。

黄昏時に活動したから、あとはもうじっと眠るだけ、なのだろうか?だろうなあ。


午後4時半から2時間ほど、草刈り作業をした。主に林内の観察路を中心に行ったが、全体の三分の二くらいしかできなかった。座骨神経痛を発症して37日目、ようやく通常の作業ができるようになった。なったが、やはり作業後に腰が痛む。一ヶ月も草刈りを怠ったせいで、観察路は歩きづらくなっていたが、
今日の作業で、谷津田に抜けるルートは確保できた。

台風16号の影響で、でっかい落枝がたくさんあった。中には3メートルもある枝もあった。
コナラとクヌギの枝が一番多かった。

今日は夏日、30度を超える蒸し暑さ。そのなか、正午前にアブラゼミがうちの林で鳴き始めた。


安曇野

| | トラックバック(0)

昨日(16日)の午前中は「アルプスあづみの自然公園」で観察会+講演を行った。ハルニレやコナラの樹液には、多数のカブトムシが来ていた。真新しいシロスジカミキリの産卵痕も多かった。樹液しわざの主は明らかに、シロスジカミキリだろう。


午後から、天蚕(ヤママユ)飼育林へ移動し、ここで繭の収穫、「収繭しゅうけん」作業を撮影、私も30個ほど回収した。

今年はサルが侵入し、幼虫、繭ともにかなりの食害を受けたそうだ。地面に捨てられた繭には、中の蛹が食べられた大きな穴が残っていた。

繭701A3463.JPG

飼育林のクヌギにはかなり葉っぱが残っていた。つまり幼虫期に多数の食害があったことを物語っている。例年ならもっとスカスカになるそうだ。

地面にはマルチが敷き詰められている。これは下草と病気の原因になるウイルスを、封じ込めるためだそうだ。その分、ケージ内はかなり暑い。

飼育林701A3401.JPG

飼育林にはクヌギに混じってコナラも少し植わっている。その枝に大きなナラメイガフシが多かった。

ナライガ701A3481.JPG

皆さんこれを「ドンングリでしょ」と言われるので、虫こぶ、ですよと解説することになった。虫こぶと聞いてのけぞる方もいたが、やはり虫こぶを知らない人が多いことを実感した。拙著「むしこぶ みつけた」を読んでいただきたい。


安曇野に来ればこれまで出会ったことがない、あるいは久しく見ていない昆虫が登場する。宿泊させていただいたお家のすぐ傍を散歩してみれば、足下から次々とジャノメチョウが飛び立った。一旦驚くと林の薮に飛び込んでしまうので、撮影はできなかった。ムシヒキアブに捕らえられた個体がいた。

ジャノメチョウIMG_2030.JPG

1㎝近くあるハムシが飛んでいた。ヨツボシナガツツハムシだ。このハムシは初めて見た。

ヨツボシナガツツハムシIMG_2031.JPG
雲が多かったものの、ときおり日射しもあって天候には恵まれた。暑いのは暑いが、宮崎に比べれば、清々しく感じ、蒸し暑さはほどほどであった。

今日は午後から、東京に移動。その前に「田淵行雄記念館」を見学予定です。