延岡市 延岡市立植物園

観察会にはこれ以上に無い、と言えるほどの好天気に恵まれた。陽射しはキツいけれど、カラッとした風が心地良い。暑いのに汗をほとんどかかなかった。梅雨の中休みというより、梅雨明けではないか、と思わせる、そんな一日だった。

延岡IMG_1339.JPGニイニイゼミが午前中に数頭羽化していて、羽化直後の個体を参加者の子供たちが、見つけてくれた。そして、アブラゼミの初鳴きも聴くことができた。実際、アブラゼミを捕まえた子もいた。

参加者は家族連れの方々がほとんどで、総勢90名を超えた。私の解説が行き届かないことも多かったけれど、今日は歩いているだけでも心地良かったかと思う。

「これ何という虫?」という問い掛けのなかで、驚いたのがコブハナダカカメムシだった。小学生の男の子、こうしろう君が見つけてくれた。遊歩道のコンクリート製柵に止まっていたそうだ。

私には最初、それがタカサゴキララマダニに見えた。色形、大きさとも、たしかにそっくりだ。ルーペで確かめて、「おお〜!!」と思わず唸ってしまった。私もコブハナダカカメムシの実物を見るのは、初めてだった。

コブハナダカカメムシIMG_1367.JPGずっとビニール袋に入れてあったので、蒸し風呂になり、かなり弱っていた。残念ながらこの写真を撮ったあと、脚を縮めて死んでしまった。いづれ、また是非、見つけたい。

延岡市での観察会を終えて、帰宅したのは午後4時。少し休んでから午後6時に犬の散歩に出た。ボタンクサギ群落のところで立ち止まると、待ってましたとばかり、目の前の林でヒメハルゼミの合唱が始まった。すぐに止んだけれど。人の気配に反応したのだろうか?

で、ボタンクサギの葉っぱを食べていた、大きなシャクトリムシもいた。
キオビゴマダラエダシャクIMG_1393.JPGデカイ!おそらく終令だろう。雰囲気からキオビゴマダラエダシャク、かと思う。本種は多食性なので、ボタンクサギも食べるのだろう、と仮にしておく。


キマダラカメムシ

| | トラックバック(0)
延岡市

延岡市の海辺に近い川沿いの公園で、観察会を行った。ここの海抜は2.6メートルだから、津波が来ると浸水する、と看板に書いてあった。国道10号線もすぐ近くなので、車の騒音も結構ある。

しかし、植栽を注意深く見ていけば、次々と虫のしわざや、虫が登場してくれた。サクラの幹では、キマダラカメムシの交尾カップルがいて、梢を見上げると、産卵直後の卵塊、ふ化幼虫群、2令幼虫群、と様々なステージが観察できた。

キマダラカメムシ卵IMG_1332.jpg
明日は、延岡市立植物公園でも、観察会を行う。

旅立ち

| | トラックバック(0)
三股町 田上

クヌギ材から、今日も2頭のタマムシが大空へと舞い上がって行った。これで何頭目だろうか。

こちらは、まだ離陸の練習中。何度も地面に落ちていた。

タマムシIMG_5387.JPG仕事部屋の傍にあるクヌギでは、でっかいヤママユ終令幼虫が彷徨っていた。
おそらく営繭場所を探し歩いているのだろう。

ヤママユ終令IMG_5429.JPG

羽化のピークを迎えているのは、ミナミマエグロハネナガウンカ。クヌギ材の菌類を食し成長する。
ミナミマエグロハネナガ羽化IMG_5367.JPG羽化シーンを撮影したいが、飼育下でなく野外で実現したい。なので、頻繁に覗き込むのだが、タイミングがなかなか合わない、それもそうだ。

写真の個体は羽化直後で、羽化は1時間以内に行われたかと思う。

三股町役場の企画政策課で、今夏開催する写真展の打ち合わせを行った。
三股町役場主催で開催する写真展は、今年で8回目になる。
役場の担当者の方々の協力も得て、写真展が少しでも自然に関心を向けるきっかけ作りの場になればと思う。前にも書いたが、都会と違って田舎ほど、自然への関心度が薄い。そこが問題なのだ。

明日は、再び延岡市に行く。行くというより、なんだか、延岡に戻る、という感覚になる。
さて、観察会本番の明後日、日曜日は予報では、晴れのようだ。本当かな?








三股町 田上

地名を正確に書けば、都城市 山之口町、となる。我が家は三股町と山之口町の境界線ギリギリに位置しており、道路を横切ると都城市になる。

犬の散歩で50メートルほど東に歩いたところで、ササの葉を食べていた、ウスキシャチホコ終令幼虫。
振動を察知して警戒の姿勢になった。
ウスキシャチホコIMG_1265.JPG幼虫の外見はシャチホコガ科には見えないが、こうした姿勢をとるところは、いかにもシャチホコらしい。

ウスキシャチホコの若令幼虫はササやススキの葉先に、特徴のある「しわざ」を残す。なので、この「しわざ」は拙著「虫のしわざ観察ガイド」に掲載する予定であったが、頁数の制約上入り切らなかった。

断腸の思いで掲載できなかった「しわざ」は数多くある。いづれそれらも含めて、新規にガイドブックを作りたいと考えている。

すぐ傍の空き地では、ボタンクサギが咲き始めていた。

ボタンクサギIMG_1298.JPG
ボタンクサギの花には、黒いアゲハ類がよく訪れる。

ボタンクサギ群落の奥の林で、ヒメハルゼミの合唱がにぎやかに始まった。
前後してヒグラシの声も。ニイニイゼミはずっと、伴奏している。




天気は味方

| | トラックバック(0)
宮崎市 加江田

朝、延岡を発つときは雨だったが、宮崎市に入ってしばらくすると雨は止んだ。
今日の取材現場は、宮崎市加江田。ときおり小雨が降る程度で目的の仕事は順調に進み、本日で終了。

アカアシカスミカメムシIMG_5346.JPGアカアシカスミカメが林道脇の花に数頭、来ていた。


20日から始まって三日間、女性3名の方とフィールドでの取材を行った。そもそも誰かと一緒にフィールドを巡ることは年に1、2回程度で不慣れでもある。自分の性格上、独りでいることを好み、普段は誰かを伴うことをできるだけ避けてもいる。そういうわけで、いらぬ神経をついつい遣ってしまうのだろう。
正直、疲れた、と書いておこう。もちろん、楽しい一時を過ごせたのではあるが。

昨夜は、延岡のある居酒屋に女史二人と飲みに出掛けた。昼間は快晴だったが、ホテルを出る頃にはザアーザアー降りだったので、タクシーに相乗りした。美味い肴で話しも弾んだが、畳席だったので座骨神経痛の私としては結構、堪えた。掘りごたつの席はすでに予約済みで空いてなかった。延岡では人気の高い居酒屋だ。飲み終えてから、ラーメン屋を探して歩いた。ラーメン屋はすぐ近くにあった。味はそこそこ。もう一度、行くか、と問われれば、否。雨は止んでいたので、ホテルまで歩いて帰った。独りなら遠い距離だが、三人でなんだかんだと喋っていれば大した事は無い。