三股町 田上

台風16号の爪痕の片付けを2時間ほど掛けて行った。
まずは倒れたコナラの解体。

拾い物IMG_4780.JPGナタで枝を払ってから、幹はチェンソーで切断した。幹にはトンネルが2本あって、クワカミキリの熟令幼虫が2匹入っていた。樹が枯れてしまったので、幼虫もいづれ死ぬ運命だ。そもそも樹が倒れた原因は、クワカミキリ幼虫がトンネルを穿ち、そのせいで樹が弱体化したせいだ。

貴重な観察樹を失って残念だが、またここにコナラ苗木を移植するつもりでいる。

クワカミキリの大アゴ。このアゴで硬い材にトンネルを穿ったのだ。

拾い物2IMG_6121.JPGこの写真は出来が悪いので、あとで撮り直そう。

※当初、ミヤマカミキリとしていましたが、精査し直したところ、クワカミキリ幼虫と判明しました。種名訂正しました。

コナラ倒木の片付けの次には、駐車場に降り積もった落ち葉の掃除を行った。

さて、地区のゴミ集積場。自治会に入っていないと、ここにゴミ出しができないが、もちろん我が家も自治会に入っている。三股町に転入手続きをした際、自治会に入らないとゴミ出しもできないよ、と役場から脅された(笑)。

先日の台風の影響で、その集積小屋が大きく傾いてしまった。
拾い物2IMG_4774.JPGこの場所は崖っぷちであり、コンクリート土台の下の地盤が崩れたせいだ。重い扉の開閉がやりにくくなったのと、いつ崩落するかしれず危険も伴う。

じつは7年前、今回と同じように地盤が緩んで傾いたことがあった。その年、私はこの地区の支部長だった。支部長としてこの事態を解決すべく、色々対策を考えてみたが、私としては集積小屋を写真画面奥の平坦な場所に移動するのがベストと思えた。
なぜなら、土台の下の崖はかなりの高さがあり、ここをしっかり増強工事するとなると、施工業者による工事が必要で、そのような予算はないからだった。
それより、数メートルだけ移動する方が得策と思えた。

そこで役場に出向き、集積小屋の移動に必要な許可申請書類を入手し、地区の方々に移設の案を提示してみた。
しかし、私の提案はあっさり却下されてしまった。理由はよくわからない。



拾い物

| | トラックバック(0)
三股町

買い物に立ち寄ったスーパー「ながやま」の駐車場に、コガタノゲンゴロウの死骸が2つ、ころがっていた。

コガタノゲンゴロウ701A5802.JPG昨夜あたり、スーパーの照明に飛来したのだろう。ここの照明(看板を照らす)には、よく昆虫が集まって来る。飛んで火にいる夏の虫、というわけだ。

夕食の準備に取り掛かる前に、居間の障子を閉じようとしたら、網戸にクロコノマのシルエットがあった。

コガタノゲンゴロウIMG_4288.JPG



ジャコウアゲハ

| | トラックバック(0)
都城市 安久町

ジャコウアゲハの産地に行ってみたが、ちょうど草刈り作業をしており、
ウマノスズクサのほとんどは、刈りとられてしまった。

それでもしつこく見て回ると、墓地の一角の空き地に、わずかだが、ウマノスズクサの群落が残っていた。

メス2頭、オスは4頭、狭い範囲を盛んに飛翔しながら、ときおり花壇で吸蜜していた。


ジャコウアゲハ♀IMG_4655.JPG台風16号の爪痕の後片付けもまだ全くできていない。

やるとなると、かなりの作業量になりそうだ。
どこから手をつけようかと算段することさえ、まだできない。


日南市

ヒゲナガヘリカメムシは、奄美大島で撮影したことがある。

亜熱帯のカメムシだが、宮崎にも定着するようになった。本種はホウライチクにつく。

今日は久しぶりに遠出をして、日南市に出向いてみた。日南市在住の知り合いの方に
ヒゲナガヘリカメムシの生息ポイントを案内していただいた。

ヒゲナガヘリカメムシはホウライチクの若い茎で吸汁している。そこにはオオテントウも必ず同居していた。で、さっそく成虫や幼虫が見つかったが、若令幼虫の数が多く、成虫は少なかった。

新成虫と幼虫が並んで、お食事中だった。


ヒゲナガヘリカメムシP9210010.jpg画面右の4令幼虫のお尻から出た排泄液(無色透明)を、アリ(不明種)がくわえとっていた。

幼虫達は極めて敏感で、近寄るとすばやく裏側に逃げたり、飛び降りたりしてしまうので、撮影は難しい。成虫も捕獲しようとすると、すぐに飛び立ってしまう。
ようやく捕らえた成虫の放つ臭いは、これが実に素晴らしい香りだった!

(写真:OLYMPUS TG-4 )


台風16号の爪痕

| | トラックバック(0)
三股町 田上

夜中の2時。雨戸を叩きつける激しい雨音で眼を覚ました。
玄関前の犬小屋の様子が気になり、門灯のスイッチを入れたが停電でつかない。懐中電灯で照らしてみれば、あるはずの犬小屋が吹き飛ばされて無かった。
普段は西側に置いていある犬小屋を、風向きを考慮して東側の玄関前に移動しておいたのだ。

それでも今回の台風の強風は凄まじかった。

びしょ濡れになったチョロが、扉に寄り添うにして震えていた。
あわてて玄関の中にチョロを引き入れた。

ひとまず寝室に戻って布団に入ったが、しばらくしてチョロがウロウロして落ち着かない。
「どうした?」と声を掛けると、扉に近づき外の様子をしきりと気にしながら「クウン、クウン」と鳴く。

さてはと、扉を開けてやると、サッと外に出ておしっこをした。用を済ますとそそくさと玄関内に戻った。
しかし、そのあともウロウロして落ち着かないので、私も腹をくくって上がり框に座り込んでみた。
「ここにいるよ」と手を差し伸べ、チョロを見つめてやった。
すると、チョロは私をじっと見上げるようにしてから、やがて安心したかのように横たわった。
横たわってからも、チラ、チラと私の姿を見ている。LEDのカンテラの灯りも、チョロには安心できるようだった。1時間ほどしてチョロが寝息を立て始めたので、灯りを消してそっと寝室に戻った。

午前5時半。雨風も止んで静かになった。外の様子を見てびっくり。
庭のコナラが根元から折れて、倒れていた。

台風P9200013.jpgこのコナラは50センチほどの実生を6年前に移植したもので、観察用として理想的な枝ぶりであった。
しかし、今夏になってクワカミキリの異常とも思える過剰産卵を受けた。カミキリムシの幼虫達は順調に育っているようで、産卵痕からは夥しい木屑状のフンが排出され、根元に山積みとなっていた。これを見て、このコナラも長くはないなあ、と憂鬱になっていたが、やはり。

花の最盛期を過ぎていたヒガンバナも、ほとんど風でなぎ倒されていた。
台風P9200012.jpg

庭も駐車場も家の前の路上も、地面という地面はどこもかしこも、風で飛ばされた枝葉でびっしりと覆われていた。

台風P9200025.jpg
停電が復旧したのは、午後6時ちょうどだった。停電はほぼ16時間。
我が家は井戸水なので、電気が止まると炊事も洗濯も、水洗トイレにも困る。
冷蔵庫内の食品も心配だった。
以前からこうした事態に備えて、小型発電機をと考えていたが、これを機会に検討してみたい。


無論、オール電化などはしておらず、台所はガスコンロなので、加熱調理はできた。これは有り難いことだった。電気会社の口車に安易にのってはいけない。