なまこ壁

| | トラックバック(0)
宮崎市

宮崎市の大淀川学習館を訪問したのは、ある本の仕事の協力をお願いするためだった。

こういう場合、余程の遠方でない限り、電話やメールだけで済ませてしまうようではいけない。ともかく現場に足を運び、直接会ってお話をする。

せっかく、宮崎市まで出向いたので、宮崎神宮にも立ち寄ってみた。先日、都城市の林で見つけることができなかった、繭を探すために。

宮崎神宮に着いて、歩き始めてすぐに出会ったのはスミナガシ。

スミナガシIMG_3385.JPG街中の森にスミナガシがいる、というのが宮崎のいいところなのだが、、、、。

さて、お目当ての白い繭はすぐに見つかった。

ちょうどセミの体から離脱して、糸でぶらさがったままの幼虫もいた。

セミヤドリガ幼虫701A4964.JPGここに来れば見つけ易いことは知っていたが、できるだけ新産地を見つけておきたいものだ。なので、この場所は後回しにしておいた。

神宮の森を歩いているうちに、なまこ壁の建物が目に入った。
なまこ壁701A4967.JPG
神宮の宝物や書籍を陳列・保存するために、明治42年に建造された2回建ての木造建築だそうだ。

なまこ壁701A4971.JPGここまで建物全面が、なまこ壁に覆われた建造物は、初めて見た気がする。



座骨神経痛の痛みは治まることもなく、歩き方も左脚をかばうような、ゆっくりしたロボット歩き。
三股町に戻って時間が少し空いたので、掛かり付けの病院に行ってみた。
激しい筋肉けいれんの事を説明したら、「そんなヒドいこむら返り、聞いたこともないね」だった。内科の医師とはいえ、
ますます、不安になるような回答だったが、七転八倒している様子を息子に動画撮影してもらっておけば良かったと、後悔した。


あの凄まじい、苦痛と激しい筋肉の収縮は、何だったのだろうか?


小型カメラバッグ(HUGGER)の背負いベルトを改良した。
先日書いた、よじれ現象を改善する方法はいくつか考えられるが、縫製作業を必要としない、簡単なやり方にした。

① ベルト長さ調整止めを
ギリギリまで下げる。これでバッグのフックに掛かる負荷均一にできる。
背負いベルトP8220001_1.jpg裏側から見ると、
背負いベルトP8220002_1.jpg② 別途、ベルト止めをベルト中央に追加し、これで長さ調整できるようにした。
背負いベルトP8220003_2.jpgちょうど、5センチ巾のベルト止めが遊んでいたのだ。

このプラベルト止めを使うことで、切ったり、縫ったりする手間を省けた。本当はその手間を厭わなかったのだが、嫁さんに相談したら、手縫いでは厳しいから、との意見があった。

ま、しばらくこのやり方で使ってみて不都合があれば、また検討すればいい、と思う。

昨日から座骨神経痛が発症し、24時間、拷問を受けているような状況となった。
臀部からふくらはぎまで、太い釘で刺されたような激痛が特徴。

例年のことだが、この拷問は少なくとも一ヶ月は続く。なおかつ昨夜はこむら返りのもの凄いのがあって、左膝が胸に張り付いたまま、筋肉のけいれんが10数分間治まらなかった。

激痛と言えば、尿管結石のときの痛みは凄かったが、それに劣らぬほどの激痛だった。ともかく脚が全く伸ばせず、屈葬の姿勢のまま固まってしまった。こむら返りの対処法として親指をそり曲げると効果があるのだが、完全にそり曲がっているので、それもできず、もんどりうって 、悲鳴を上げ続けるだけであった。

あまりの痛さに脂汗が出たが、10数分ほどして痛みはじょじょに治まった。




アリの巣コロリ

| | トラックバック(0)
三股町 田上

撮影のため持ち帰った昆虫の卵や蛹を机の上に置いておくと、いつの間にかヒメアリがたかるようになった。ケースのちょっとした隙間から入ってしまうので、厄介だ。

ヒメアリはよく、標本や乾燥食品にたかるのだが、生きた虫でも動けない状態にあるものなら、同じようにたかる。小さい体だが、噛み付いて肉塊を次々と運び去っていく。可愛い姿からは想像がつかない逞しさがある。

今夏は、私の仕事部屋に数カ所営巣しており、出没する数が多い。机の決まった場所には巣から運び出された掘り屑やアリの死骸などが溜まる。いくら掃除してもすぐに溜まってしまう。

観察や撮影のために飼育も行うが、ヒメアリに襲われてしまうのは、とにかく困る。

そこで、

「アリの巣コロリ」を試しに使ってみることにした。

イエヒメアリP8220023.jpg設置した翌朝には、さっそくアリの行列ができていた。
イエヒメアリP8220020.jpgアリの巣コロリには、2種類の餌が入っているが、そのうちの一方だけにたかっている。
イエヒメアリP8220017.jpg
アース製薬の「アリの巣コロリ」には2種類あって、今回使用しているのは「スーパーアリの巣コロリ」。
「スーパーアリの巣コロリ」には雑食性と吸蜜性のアリに対応できるよう、2種類の餌が仕込まれている。

 ヒメアリは雑食性なので、顆粒薬剤のほうにたかっている。

巣に持ち帰った薬剤をアリたちが警戒心も無く、食べるそうだ。食べた後にじわじわと効いてくるらしい。
ほんとうに、巣がコロリと全滅するのだろうか?

( 写真:OLYMPUS TG-4    + ニッシンi40ストロボ )




電車の旅

| | トラックバック(0)
土曜日とあって、駅のプラットフォームには行列ができていた。
新鳥栖駅まで特急だと一駅だから、座席に座れなくても、デッキに立っていればいい。
それにしても、電車を待つ間、人が多い中で突っ立ているのは気疲れする。
ああ〜、そこの女児ちゃん、走り回って危ないよ!お母さんが、怒るも、ちょっと遅いのじゃない。
お母さん、スマホに夢中。自分なら手をつないで離さなかったよな。などと、懐かしい気持ちにもなるが。

特急料金は300円だったが、車掌さんはチェックもしない。降車するとき、これなら買わなくても済んだのにな、とセコい気持ちになった。

九州新幹線もかなり混んでいた。指定席700円は勿体無いが、ゆったり座れた。終点の鹿児島中央駅まで、2列座席の隣はずっと空いていた。

鹿児島で日豊本線に乗り換えた。錦江湾沖に桜島がくっきりと見えたのは、最初の数分間だけだった。

桜島IMG_6036.JPG
昨夜は佐賀駅近くのホテルに泊まった。ホテルのすぐ近くの居酒屋に入ってみたが、居酒屋に独りで入るのは久しぶりのこと。カウンター席は空いていて、座った目の前の水槽にはヤリイカが泳いでいた。
イカの活き造りは、しかし一人前でもけっこう高く、食べ切れないことも考えて注文しなかった。食べ残すのは抵抗がある。
佐賀牛の料理ももちろんパス。こういうとき、相方がいればいいのだが、独りだけの注文は難しい。
結局、注文した肴は、イワシの刺身と、里芋のポテトサラダのみ。

生中ジョッキ一杯と、地酒の純米吟醸「能古見」(のごみ)、一合でかなり酔いが回ってしまった。
なにせ、午前中いっぱい歩いた博多では、昼食をとれなかった。午後1時を過ぎれば多少、空くだろうと思っていた博多駅内の飲食店は、どこも行列で溢れていて、昼食を諦めたのであった。行列に並ぶ気力はない。
空きっ腹にアルコールは効く、効く、、、。あっと言う間に限界。

お腹が減ったので駅前のラーメン屋に行ってみたが、ここの麺は細麺で、茹で加減は「固め」にと注文したが、所詮、細麺は細麺。どうもしっくりこない。旨い!と素直に感じないまま、食べ終えた。あっさり豚骨のスープも、特に印象に残らない。

夕食の満足感も薄いまま、ホテルに戻ると、なんと冷房の効きが弱い。弱いなんてものではない。部屋が生温いのだ。三段階調節の最強にしても、グヲン、グヲン、という空調音が大きくなるばかりで、部屋のなかは蒸し暑く、じっと座っていても汗が出る。

もしかして、熱中症にでも罹って、体調がおかしいのだろうか?と自分を疑ってみたり、椅子に登って送風口から冷気が出ているか確かめたりしたが、どうやら空調設備に不備があるとしか考えられない。

そこで、、、、

受付ロビーに内線電話で現況を訴えるも「しばらくお待ち下さい」のあと、いっこうに連絡がない。しばらく待って、ようやくの返事は、
「申し訳ありません。只今、館内の空調温度を目一杯下げております。これ以上は無理です」との返事。

「それはないでしょ、だって冷気がほとんど出てないですよ。これは故障じゃないの。最強でこの程度なんて有り得ないでしょ。他の客室からも苦情が出ているんじゃない」

「はい、何名かの方からも、少し暑い、とのお声がありました。しかし、これ以上、室温は下げれません」

「ええ!?少し暑いって、それは嘘でしょ。窓もろくに開かない密室で、これじゃあ、寝れないんだけど、どうにかならないの!」

「それでは大変、申し分けないのですが、お隣の東館でしたら空調が別系統になっておりますので、このようなご不快はないかと、存じます。よろしければ、喫煙室ではありますが、部屋を替わっていただけますか?」

面倒ではあったが、荷物を急遽まとめて東館の別室に引っ越しをした。
なんと!そこは寒いくらい冷房が効いていた。しかも、空調の送風音はほとんどなく静か。エアコンのスイッチを切って、ちょうどいいくらいの室温。なおかつダブルの部屋で広々としていた。



博多〜佐賀

一昨日から追加観察のため、博多を歩いてみた。

今回、持ち歩いたカメラバッグは歩き優先のため、HUGGERの小型バッグにしてみた。
機材も絞り込んで、E0S80DとEOS-M3とレンズ3本。
HUGGERのバッグはしっかりしているのでよく使うが、一点のみ気に入らないことがある。
背負いベルトの片側がよじれる現象である。
こちら側は縫い合わせているので、問題なし。
ストラップIMG_4220.jpgこちら側はよじれていて、とても気になる。
すとらっぷIMG_4221.jpg
ベルトの長さ調節のため、方側は縫い合わせができない構造だが、これを解決したい。
こういうことが気になる、ならないは、個人差もあるかとは思う。

博多の舞鶴公園のコブシ果実では、ミナミトゲヘリカメムシが繁殖していた。幼虫、成虫ともに多かった。
ミナミトゲ.jpg