カメムシの最近のブログ記事


片道8時間。往復16時間。現地(愛媛県面河渓)での撮影、2時間。

車の運転時間は11時間で、あと5時間はフェリー船内で休憩がとれるものの、少し疲れた。

しかし、今日の撮影は2年前から下見をして、今か今かとそのタイミングを待っていただけに、
天候にも恵まれ、予想以上の成果を得ることができた。

ケケンポナシの実。一昨年は全く花が咲かず、実は成らなかった。

ケケポンナシIMG_9148.JPG昨年、花の撮影はできて実は成ったものの、オオツノカメムシは一頭も姿を見せなかった。オオツノカメムシの繁殖には、ケケンポナシの実が必須。

しかし、今夏は多数のオオツノカメムシが集まってきた!!


メスを探し歩く、オス。

オオツノ♂IMG_8989.JPG何年ぶりだろうか? オオツノカメムシの姿を見るのは。ずいぶんと年月が経ってしまった。
オオツノカメムシとの最初の出会いについては、拙著「ぼくは昆虫カメラマン」(岩崎書店)に少し書いてある。

1令幼虫群を保護する、メス親。
オオツノIMG_6685.JPG
来月には、成長した幼虫たちの撮影に訪れる予定。
次回は少し時間をかけて、ブナ林での撮影も予定に組んでいる。

戻りの八幡浜フェリーのりばで、階段にころがっていた、シンジュサン♀。
シンジュサンIMG_6760.JPG逃げるか?と慎重に掬い上げたら、すでに死後硬直状態だった。


ミミズク

| | トラックバック(0)
ミミズクの体長は15ミリ前後もあって、 ヨコバイ科のなかでもヒラタミミズクに並ぶ最大種である。
え!?15ミリで、、という声もあがるだろうけど。

去年、自宅の庭で採集した♀が、数日で死んでしまった。土に戻す前に標本撮影をしておいた。
1年前の写真。
ミミズクk背面IMG_9968.JPG
腹端下部を見れば、産卵管鞘があり、メスであることがわかる。
ミミズク♀産卵管鞘IMG_9978.JPG
ミミズクという和名の由来となった、前胸背面の一対の耳状突起は、メスのほうがオスより大きいとされる。
しかし、写真の個体は背面からではわからないが、その耳状突起はそれほど大きくない。
じつは当初、オスだと思い込んでいたのだが、展翅、展脚を始めた段階でメスだとわかった。

耳状突起の大きさ、形態にはかなり個体差があるようだ。


エノキの幹を下へ下へと歩いていたゴマダラチョウのメスが、ピョンと小枝に飛び移って産卵を始めた。
ゴマダラチョウ産卵IMG_8958.JPG


アミガサハゴロモ

| | トラックバック(0)
アオバハゴロモの羽化も盛んだが、アミガサハゴロモも新成虫を見かけるようになった。
アミガサハゴロモIMG_6027.JPG日を追って纏っている薄緑色の粉が剥げ落ちると、黒っぽくなる。

先日、産卵してやせ細っていたコガネグモが、もうお腹パンパンになっていた。
コガネグモIMG_5820.JPG獲物はヤブキリのメス。これだけボリュームのある餌だと、食べ応えたっぷりだろう。
一方、ヤブキリだが今夏はやたらと数が多いように感じる。

ウメチビタマムシ成虫の写真が必要になって、しかしなかなか写真データが見つからない。そこで、それなら外で探して新規に撮ってやろうと猛暑の外へ出た。
外を歩いたほうが気分も良いし、日陰なら屋内より涼しい。
ウメチビタマムシ成虫はしばらくして見つかったが、まだ若齢のマインもいくつかあった。

今日も35度前後の猛暑だったが、午後4時頃、激しい夕立があった。しかし、帰宅した嫁さんの話しでは都城市の方では降らなかったそうで、かなり局地的な雨だったようだ。

雨、雨、雨、、、

| | トラックバック(0)
午前中はときおり小雨が降る程度だったが、午後から少し雨脚が強い時間帯もあった。
雨IMG_7996.JPG雨宿りで飛来したのだろうか。
玄関の門灯に近い壁に、ミナミマエグロハネナガウンカが、朝からずっと同じ場所に留まっていた。
夜間、門灯は点けてないので夜の灯りに飛来した居残りではない。

ミナミマエグロハネナガウンカIMG_5438.JPG実際には垂直の壁に止まっており、写真は見易いように反時計回りに90度回転してある。

本種の幼虫は、クヌギ朽ち木などにつく菌類から養分を吸って成長する。毎年、6月頃から成虫が羽化し始めるが、幼虫の体は優れた隠蔽擬態ゆえ、気合いを入れて見ていないと、見落としてしまう。

多少の雨なんぞ平気さ、と、クヌギ樹液には入れ替わり立ち替わり、昆虫の来客が多かった。
カナブンIMG_8005.JPG
夕方になって居残っていたのは、カナブンだった。金属光沢を出すために、ストロボ光を強めに当てている。

オニヤンマの姿が多くなった。家の回りの路面近くを一直線に通り過ぎて行く。

一昨日、見失っていたクロヒカゲ幼虫が、新たな食痕のおかげですぐに見つかった。それを確認して歩き出した瞬間、頭上の梢からオニヤンマの連結カップルが飛び出して急上昇。
草むらばかり見ていたので、すぐ頭上にいたカップルに気付かなかったのだ。ずいぶんと低い場所だった。

梢といえば、オニヤンマのカップルがいたすぐ手前の柿の木では、こんなシルエットが。
IMG_5143.JPG言わずとも知れた、オオゴマダラエダシャクの幼虫。
IMG_5191.JPGやっとこさ枝を引き下ろして、頭胸部を等倍撮影。

撮影しているすぐ横には、タケカレハの幼虫もいた。
タケカレハIMG_5086.JPG
そう言えば、『どこにいるの?シャクトリムシ』(ポプラ社:2007年)にも掲載したオオゴマダラエダシャク幼虫の写真。
尺取り虫の本作りに励んでいた当時は、まだこの幼虫を見たことがなく、文献の産地データを頼りに、高尾山で一頭だけ見つけて撮影できたのも懐かしい。
宮崎ではどこにでも普通に見られ、成虫は我が家のライトトラップにも多数飛来している。

メダケやダイミョウチクにはシロヘリカメムシの幼虫がいるが、4令1頭と5令2頭のみ見つかった。今日もしつこく探してみれば、新成虫が次々と見つかった。
シロヘリカメムシIMG_5205.JPG
10年前から同じ場所で毎年開花するこの赤い花を、私はあまり好きになれない。
けれども、この花にはときおりこうして昆虫が訪れる。今日はクロアゲハのオスだった。
クロアゲハ17.07.JPG
撮影機材:EOS-80D
       EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM




水玉虫めがね

| | トラックバック(0)
仕事部屋のすぐ傍で雨宿り。
ツヤアオIMG_4368.JPGツヤアオカメムシは雨滴を纏っていた。

水玉虫めがねのおかげで、カメムシの体表にある微細な点刻模様が浮き立つ。
ピントが今一つ甘いけど、、。
IMG_4350.JPG
撮影スタジオの整理をしつつ、撮影機材で騙し騙し使っていたものを見直して、使い易いように改造工作をしておいた。
飼育している虫の撮影、敷地内フィールドで観察、あっという間に一日が過ぎてしまう。


ヤマグワの実は小振りだけど、ヒメツノカメムシがたくさん育っていた。
都城市 青井岳。

IMG_3593.JPG枝に群れている、終齢幼虫の集団。
IMG_7445.JPG
こちらは羽化した成虫がほとんどの集団。幼虫は5頭いる。
ヒメツノカメムシIMG_3579.JPG
成虫になってもしばらくは、こうして群れている。
大きなヤマグワの梢には、あちこちに幼虫の集団がいた。

庭にいた、ニホンホホビロコメツキモドキのオス。

ニホンホホビロコメツキモドキIMG_3720.JPGオスなので、顔の形は左右対称。

山仕事を2時間半ほどやって、汗を流した。梅雨とは思えないカラリとした晴天。汗もべとつかず、すぐ乾く。
山仕事に終わりはない。年中なにかしら、やり続ける。
天候を睨みながら、やれるときにササッと行う。
毎日、眺める自分のフィールド。体を動かしている間はできるだけ何も考えないことにしている。





赤と黒の虫

| | トラックバック(0)
もう出ているだろうとエゴノキの梢を見上げたら、やはりいた。
ゲンジボタルIMG_0597.JPGゲンジボタルの新成虫。

昨日のヒメジャノメ前蛹は、今朝になって蛹化して、
朝日を浴びていた。

ヒメジャノメ蛹IMG_0587.JPG県南部のベニツチカメムシ生息地に着いたのは、正午過ぎ。

ボロボロノキの果実はまだ青い。
この時期、集団は解けて、活発に動くオスが目につく。
ベニツチカメムシの繁殖期なのだ。
メスに求愛するオスも多い。
ベニツチカメムシIMG_0742.JPGオスに比べて、メスはどっしりと落ち着いている。写真はオス。

ボロボロノキは、九州以南に分布しており、自生地は比較的、局所的である。

ボロボロノキIMG_0680.JPG葉っぱ、枝ぶり、など、ボロボロノキの特徴は、しっかりと憶えた。
九州に移転したすぐの頃は、図鑑で得た知識しかなく、実物を知らなかったので、どこにでも生えているのだろうと、適当に探し歩いた時期がある。



春のぬけがら

| | トラックバック(0)
去年の同月5日、霧島山高千穂河原でハルゼミの羽化を撮影した。
1年経つも、つい先日のことのように思える。

羽化殻IMG_3699.JPG羽化の撮影に先立って、成虫の発生状況を観察し、羽化殻(ぬけがら)を探した。今日の写真はそのときに見つけたぬけがらの一つ。
GWとあって人が多く、どこの駐車場も満車だった。仕方なく路肩に車を停めながら、ぬけがらを探したが、正午を過ぎると下山する人が増えて、駐車場に入ることができた。

さて、去年に撮影した羽化シーンの写真は、来月刊行予定の写真絵本に掲載される。
ハルゼミは所沢近郊のかつて通い馴れた雑木林にも少なからず生息していたが、アカマツが次々と枯死していくなかで、運命を共にしてほとんど姿を消してしまった。
羽化シーンの撮影は、ずっと宿題のままだったが、ようやく宮崎の霧島山で果たすことができた。
写真絵本の企画があったからでもあるが、オスが元気に鳴く姿は4年前に同じく霧島山で撮影してあった。ハルゼミ撮影の宿題は、4年前からとりかかってはいたのだ。



公園に入ってすぐに目に入ったのが、ミミズクの幼虫だった。
ミミズク幼虫IMG_4432.JPG普通種でありながら、探して見つかる虫でもない。
しかし、今回は最速1分で見つけたのだから、自分でも驚いた。  だが、しかし、二匹目は見つかっていない。

そして、次の目標、ウシカメムシも一頭だが見つかった。


松山の実家近くでは、ウマノスズクサの蔓がニュキ、ニョキと無数に生えていた。
ここは元、ゴルフ場の事務所が建っていた跡地である。今後また何かの工事が入って撹乱されるかもしれない、極めて行き先の知れない不安定な草地だ。

だが、それでもジャコウアゲハは毎年、繁殖している。ウマノスズクサをぼんやりと眺めている私の膝元にも、メスが飛来して、さっそく産卵を始めた。

ジャコウアゲハ産卵IMG_4357.JPGだいぶくたびれたメスで、低空飛翔しながら草むらに潜り込むようにしては、ときおり産卵していた。

ノアザミで吸蜜するメスもいた。

ジャコウアゲハ吸蜜IMG_4373.JPG